カテゴリー: みかん猪名寺放課後等デイサービス

夏祭り

みかん猪名寺です。

世の中のコロナ感染状況がおさまる気配のない中、2学期がスタートしました。
猪名寺店でも、可能な限りの感染予防を心がけて活動をしております。

8月最後の土曜日に、夏のイベント
「夏祭り」を開催致しました。

今年は飾り付けから子ども達と考えて会場を作り上げました。

飾り付けも子ども達の案を採用して、
T先生のプロ級バルーンアートも加わり、とっても素敵なにぎやかな夏祭り会場に!!
雰囲気作り、大切です!!

さあ!お祭りのハッピを着て、夏祭りの始まりです!

毎年登場の『おみかん様神輿』を順番にかついで
みんなで

「おみこしわっしょい!わっしょい!」

と元気に歩きます!

6年目のお神輿ですが、みんな、かつぐのがうれしそうで、自分の順番がくるのを今か今かと待っていました!

お神輿の次は、お祭りを回ります。

•スーパーボールすくい
今年はポイで初挑戦!!昨年までは
なるべくみんなが楽しめるようにとあみ式のもので、何個すくえるかなー、、とルール設定をしていました。
ポイはすぐ破れてしまい、沢山すくえないことは悔しいけれど、文句を言ったり、泣いたりするお友達はいませんでした!みんな、上手に楽しめたので好みのスーパーボールを2個選んで、景品袋に入れました。

•まとあて
おもちゃ作りで作ったペットボトル空気砲でまとあてです!

3回挑戦して得点を競います!
上位3位までは豪華?景品をプレゼント。
残念ながら4位以下のお友達はシールシートの景品。
豪華?景品よりも「こっちがいい!」とシールを選ぶお友達もいて、職員は苦笑いでした。

•わなげ
金の的に輪っかが入ったら大当たり!
景品は面白ティッシュ!
この景品が思いのほか大人気でした。
景品がほしくて、意気込んで投げてしまい、残念な結果になる子もいましたが、しっかり狙いを定めて、落ち着いてゆっくり投げることが大切なんだと学んでくれました。

•おかしつり
これはみんな大得意です!
狙ったお菓子をつりあげていました!

•千本引き
初登場の千本引き!職員の力作です!
ハズレくじはありませんが、大当たりくじが5つ!
並んだ景品にみんな大注目です。
くじなので、何が当たるかわかりません。

千本引きはルールを知らないお友達も多く、欲しい景品がもらえるのだと期待している子が多かったのが印象的でした。

欲しいものが当たらなくて悲しむお友達もいましたが、
世間一般のお祭りのルールを経験してもらうことも大事だと思います。

おやつは夏祭りバージョン「フルーツポンチ」

大人でも出来上がるまでの工程にワクワクします。

子ども達にそんな感覚を味わって欲しくて、

今回はフルーツをふんだんに使ってすごく豪華に作りました。

魔法をかけてサイダーを投入すると

シュワーーーっと発泡していく光景を食い入るように見ていました!

猪名寺では初めて登場したフルーツポンチ!苦手なお友達や美味しそうに食べていたお友達等それぞれでしたが、
楽しいひとときでした!

今年は花火大会や地域のお祭りが中止となり、子ども達にとってさみしい夏となりましたが、
保護者様が、こうした楽しいプログラムの企画で夏らしいことが経験できてうれしいです!とお言葉を寄せてくださいました。

夏休み中の活動についてはまた改めてブログでお伝えします。

カテゴリー: みかん猪名寺

七夕製作

みかん猪名寺 保育士の貞廣です。

7月の季節イベントと言えば七夕ですね!
毎年恒例の七夕制作を担当させていただきました。その活動ブログです。

小学校でも、七夕の季節行事を経験している子ども達は、7日は七夕=笹飾り=短冊に願い事を書く=織姫様と彦星様 等、イメージはしっかり定着しているようです。

制作に入る前に、まずは七夕制作への興味を持ってもらおうと、子どもたちと一緒に 七夕の歌を歌いました。

そして、七夕の由来がとてもわかりやすく描かれている絵本を見つけたので、読み聞かせをしました。
子ども達はお話をしっかりと聞いてくれて、
読んだ後に、
「あー!織姫様と彦星様、会えて良かったね!」と感想を伝えてくれるお友達もいました。

そしていざ、制作へ!!

みんなで楽しく七夕飾りを作りました。

見本を参考に作るお友達や、イメージを膨らませて制作するお友達、職員と一緒に制作をしたお友達も、飾り付けはみんな子どもたちがしました!

短冊には、しっかりと名前を書き、
いろんな思いを浮かべながら願い事を書いているお友達もいました。

みんなの願いが叶うと良いなあと思います。。


周りの飾りは、子ども達が積極的に作ってくれました。とても可愛いですね!

飾り付けもバッチリです!
飾り付けをすると「みてー♪」と嬉しそうに駆け寄る姿が見られとても嬉しく思いました。

そして、、、完成!

とても可愛くて、素敵な七夕飾りができました。


窓越しに映り、外からもとても可愛く見えるよ!と好評を頂きうれしいです!

子どもたちの作品の隣に猪名寺店の笹も飾りました!

猪名寺店の笹には 職員の願い事を綴った短冊が飾られてます。
こちらも叶うといいですね!

カテゴリー: みかん猪名寺

季節の製作...6月

みかん猪名寺店、児童指導員の内野です。
6月の壁面を担当させて頂きました。
梅雨の季節なので カタツムリと紫陽花を作成する事に決めました。
カタツムリを作ると伝えずに 丸い色画用紙を子どもたちに渡して それぞれに 思い思いの渦巻「グルグル」を作ってもらったら、自由で楽しいカタツムリができるのではないかな?!と思い、様々な色の丸い色画用紙を準備しました。

どんな素材を使うかは、自己選択!クレヨンやシール、マスキングテープなど それぞれが選んだ素材を使って、、、
丸い色画用紙を時計に見立てたお友達や 小さなシールを 黙々と貼ってくれたお友達もいて 個性あふれる「グルグル」ができました。

登所自粛中のお友達は、代替サービスの課題の中に製作キットもプラスして、おうちで保護者の方と一緒に「グルグル」を作ってもらいました。
コーヒーフィルターをくしゃくしゃと丸めて貼り付けた作品やモールを使ったものなど、お子様の興味をひく題材をチョイスして頂き、様々な「グルグル」を作っていただきました。親子で製作タイム、ご協力ありがとうございました!

できた「グルグル」に身体をつけて お顔を描くと、なんともかわいいカタツムリ達が誕生しました!

紫陽花は、くしゃくしゃにした画用紙に紫色や水色、ピンク色などの絵の具を落として スポンジで ペタペタ!
みんなスタンプの作業は大好きで「もう1枚やりたい!」と意欲的に取り組んでくれたお友達もいました。
このカラフルに彩られた画用紙を乾かすために机いっぱいに広げている様子を見たときに、素敵な紫陽花になるだろうなぁという予感がしました。

絵の具が乾いてから、細かくちぎって紫陽花の下絵の上に みんなで協力しながら、はみ出ないように意識して貼り付けていきました。

そして、、、

大きな大きな紫陽花の花が 咲きました!

今 みかん猪名寺店の壁面を色鮮やかな紫陽花と表情豊かなカタツムリが生き生きと彩ってくれています。
季節感いっぱいで 梅雨空を吹き飛ばすような明るく素敵なフロアになっています。

カテゴリー: みかん猪名寺

バラ公園で『見て・描く』

みかん猪名寺、指導員の大道です。

先日は伊丹市の荒牧バラ公園に行き、花を「見て描く」の取り組みを行いました。

「見て描く」は昨年、猪名寺店で育てたひまわりを写生したのが初めての取り組みで、今回は2回目です。

コロナ緊急事態宣言が前日に解除されましたが、荒牧バラ公園の駐車場はまだ閉鎖中で人出はまばらでした。

斜面を活かした公園は目線より上にもバラが植えられており、門をくぐると圧倒的な満開のバラが出迎えてくれます。

子ども達も「わーあ、全部バラ?!」

「このオリンピックファイアーって言うバラ、図鑑に載ってた!」
「このバラはブラスバンドって言う名前なんだって!」
「紫の薔薇だわ〜〜」と口々に感想が飛び出します。

「バラには触りません」などの注意事項を聞いてから、自分の好きな花を選んで自由に写生タイム。

すぐに描くバラを決めるお友達、黄色いバラ、赤いバラ、ピンクのバラ、小さめのバラ、一輪が大きいバラなど悩んで上の方まで行くお友達と様々です。

それぞれ、自分が選んだバラをじっくり観察して描いていきます。
画材は色鉛筆、クレヨン、水性ペンお好みのもので。
みんな、とても集中して写生していました!

いつもは静かなお友達が赤いバラを描き終えた後、「次はピンクのバラを描く!!」とピンクのバラを探しに行き積極的な一面を見せてくれました。

描き終えた子ども達とお帰りの時間まで散策。芳醇な香りに誘われて「先生、上の方も行こう!」「今度はこっちの道を通ろう!」と250種1万本が咲くバラ公園を楽しんでいる様子が見られました。

猪名寺の画伯達の作品↓

満開のたくさんのバラを表現したり、一輪をじっくり見て描いたり、図鑑のように花の名前も書いてくれたり、「見て描く」という課題でも様々な表現をしてくれました。

今年も猪名寺店でひまわりを育てているので、花が咲いたら、また「見て描く」の取り組みをしたいと思います。

カテゴリー: みかん猪名寺

収穫体験(季節のお野菜)

みかん猪名寺、児童指導員の内野です。
コロナウイルスで 学校も休校になり、みかん猪名寺も 今までとは違う活動内容で戸惑うところもありますが 感染予防をしっかりとして 今、できる事を 楽しみながら活動しています。

昨年、里芋畑を紹介して頂いたNPO法人サニーサイドさんに 今回も久々知の畑を紹介して頂き、2週に渡りじゃがいもの収穫体験と玉ねぎの収穫体験をさせて頂くことになりました。

まずは、じゃがいも の収穫体験の日。
畑の中での注意事項を聞きました。
みんな真剣な顔で聞いています。そして、いよいよ畑へ、、、

畑に植わっている他のお野菜を踏まないように 慎重に足元を見ながら じゃがいもが植わっている畝に着きました。
畑の方が みかん猪名寺のみんなと仲良くなりたいからと一人一人のお名前を聞いてくださり、順番に一人ずつ丁寧に じゃがいもの収穫をしていきました。
自分の順番が来るまで お友達が掘り起こす様子をじっと見守りながら 待つ事ができました!

「○○ちゃん、大きなカブの絵本知ってるかな?うんとどっこいしょって 茎を引っ張ってね」と、教えてもらって うんとこどっこいしょ!なかなか 抜けなくて、後ろに倒れそうになりながらも 葉っぱの付いた茎を引っこ抜くと、、、
土の中から じゃがいもが見えてきました!
じゃがいもを傷つけないように 周りの土を手で掘って、ゴロン!と出てきた時は、みんなとっても うれしそうでした。
大きいのや小さいの、ごろごろ出てきました。もうないかな?と土をはらうと また じゃがいもが顔を出して、わぁ〜!まだ あったぁ〜!と歓声が上がります。
とっても小さいじゃがいもの赤ちゃんには、毒があると教えていただき、これは ダメ!これは、オッケーだよね?と、選別もバッチリでした。

「じゃがバター!」と思わず言ったお友達や、虫が好きと平気で捕まえるお友達が 虫は苦手というお友達を助けてくれたり、土をさわるのが苦手なお友達も じゃがいもが顔を出すと頑張って土を掘って収穫できました。

そして、畑の方のご好意で ニンジンも 収穫させて頂くことになりました。
ミニニンジンという種類だそうで 小さなかわいいニンジンです。葉っぱを引っ張るとちぎれてしまうので じゃがいもと同じように ちょこっと見えているニンジンの周りの土を手で掘って ニンジンがグラグラと動いたら スポンっと抜きます。
葉っぱのついたニンジンを新聞で包み、花束のようにして 大事に抱えて持って帰りました。この日の晩ご飯は、じゃがバター?カレー?だったでしょうか???

そして、翌週 玉ねぎの収穫体験をさせて頂きました。
前日に雨が降ったので 少しぬかるんでいましたが 子ども達は、前回の注意を守って、お野菜を踏まないように、慎重に畑を歩いて 玉ねぎの畝に、、、

大きな玉ねぎを選ばせて頂き うんとこしょどっこいしょと引っこ抜こうとしますが なかなか根が取れず 少し根をハサミで切って頂き無事、収穫することができました。

今回もまた 畑の方のご好意で 小松菜も収穫させて頂き たくさんの小松菜をいただきました。

外出もままならない今、子どもたちにとって貴重な収穫体験になったのではないかと思います。ありがとうございました。