カテゴリー: みかん園田

☆マスクケースつくり☆

武庫之荘のお兄さん、お姉さんがマスクケースのキットを作ってくれました。そのキットを使って自分たちのマスクケースを作りました(^^♪まずは線に沿って切る作業からでしたが型紙とクリアファイルがずれない様にテープで止めていたり細部まで細かい配慮をしていただいたのでほとんどの子ども達が自力で作成することができました。《♪武庫之荘のお兄さん、お姉さんありがとうございます♪》出来上がったマスクケースに好きなマスキングテープを貼りシールやペンで好きな文字やキャラクターを書きました。さすがに今どきなのか『鬼滅の刃』を書いている子もいました。素敵なマスクケースのおかげで昼食時やおやつ時などマスクをきちんとケースに入れる習慣が出来ました♬

カテゴリー: みかん園田放課後等デイサービス

☆夏休みの思い出☆

今年の夏休みは例年にないことばかりでした。初めての経験で子ども達も職員も戸惑いましたが少しでも良い思い出になるように逆境をプラスに変えて取り組みました。 

夏と言えば水遊びです!毎年連日の水遊びを楽しんでいましたが今年はソーシャルディスタンスを保っての水遊び・・・。公園で水鉄砲を使っての打ち合いはストレス発散とでもいうように子ども達は大はしゃぎでした♪。子ども達は成長といえると思うのですが子ども達同志、結託することを覚えて四方八方からの水攻めに標的になった職員達は頭から皆ずぶ濡れでした。公園からみかんまでの帰り道中「何があったの?」と周りから思われているんだろうな・・・と若干恥ずかしい思いをしながらいつも帰ります。それでもスッキリとした子ども達の屈託のない笑顔には負けてしまいます。来年はもっと制限なく遊べることを願っています。

通常、夏休みのイベントとして夏祭りは楽しみの一つですが今年は軒並み世間は中止になっていたのでせめてみかんで楽しんでもらおうと夏休み最後の3日間夏祭りを楽しむことにしました。午前中は手作りスーパーボールやエコバック・プラバン作りを楽しみ午後は射的やスーパーボールすくい・ヨーヨー釣り・輪投げ・シュートゲームなど定番の夏祭りを楽しみました。子ども達は小さな規模ですが夏祭りを満喫していました(^^♪

今年はたった2週間の夏休みだったのでアッという間でしたが子ども達の笑顔がたくさん見れました。今年出来なかったイベントも来年はできるようになればいいなと思います。

カテゴリー: みかん園田

☆七夕まつり☆

ようやく学校も始まり少しずつ日常が戻りつつあります。まだまだ制約ばかりでうんざりすることもしばしばありますが子ども達の笑顔は健在で日々を癒してくれています。

久しぶりにイベント的な催しとして七夕まつりをしました。一週間かけて七夕飾りや短冊にねがいをこめ笹に飾り付けをしました。年々子ども達の成長に驚かされますが飾りつけも「こんなのを作ろうと思う」と言っただけで理解しスルスル作ってしまう子や職員が間違って教えたのに修正し作り上げてしまう子。職員はタジタジです。

成長した子ども達の願い事です♪

☆ボクシングがしたい ☆テストで100点とれますように ☆ポケカに勝ちたい ☆鬼滅の灰次郎に会いたい ☆作業員さんになれますように ☆ウィンドウズ10と結婚したい ☆9段から10段に上がれますように ☆○○君がそろそろやせますように ☆コロナがおさまりますように など等

子ども達の願いは様々ですが皆自分で考えて書いていました。時事問題に直面したコロナの終息を願った思いなど自分だけの私利私欲ではない願いも書くことが出来る成長に感動です。

今年は雨でしたがみかん内には大きな天の川を作って願いを飛ばしました。星をつけ天の川を完成させるゲームに勝ったチームは彦星になりみんなに願いをかなえてもらって楽しみました。最後に記念撮影です。マスクをして『ソーシャルディスタンス!』と難しい言葉も当たり前に子ども達の口から出てきます。去年はこんなだったねと笑える状況になってることを願って思いを馳せました。

カテゴリー: みかん園田

☆園田競馬場イベント☆

まだコロナウィルスの影響が今ほど深刻ではなくおでかけの制限もなかった頃に園田競馬場のイベントに参加してきました。念のためマスクを装備して行きました。いつもより少し不便でしたが子ども達は誰もマスクを嫌がることなく着けて行動してくれました。さすがに他の子ども達は少なかったのですが競馬場のキャラクターの『そのたん・ひめたん』と一緒に記念撮影したり『ばんえい十勝』の大きな馬の乗馬を楽しめました。大きな馬に跨り得意気にポーズをとって写真を撮ったりニンジンをあげたり馬とのふれあいを楽しみました。はじめは馬の大きさに怖がって「乗らない!」と言ってた子どももお友達が乗っているのを見て「乗る!」と言って乗れたりしたので職員をびっくりさせました。まさか乗れないだろうと思っていた子なので、子どもの好奇心の欲も日々成長してるのに感心しました。さすがにニンジンを口元に持って行くのは出来ませんでしたが・・・★途中で『みどりのマキバオー』に出会って一緒に写真を撮ったのですが若い職員は「かば?」と言ってました。「・・・・・。」

カテゴリー: みかん園田

☆節分☆

今年は土曜日と月曜日の2回豆まきを楽しみました。土曜日の子ども達で豆を入れるコップに鬼のデコレーションをして気分を盛り上げました。「節分って何するの?」「鬼来るで!」「豆投げる!」「節分って言うのは、病気や災いを鬼に見立てて豆を投げて追い払うんだよ」「・・・」話題を変えて「関西では恵方巻きって食べるよね。今年の恵方角は、さいなん・・・」職員一斉つっこみ「せいなんせい!」子ども達につっこまれなくて良かったです。

午後作った鬼コップに豆をいれてもらい いざ!鬼退治!です。今回はいつもの鬼らしい鬼ではなく若い職員に鬼役をしてもらいました。まさかの鬼登場に子ども達は困惑です。豆の投げ方も優しくて子どもの中には守ろうとしたのか「捕獲」と言いながら場所を移動をさせたりと随所随所に優しさが出ていました。子ども達もよく人を見ているなぁと関心させられました。でも若干、欲求不満だったのか終わった後に「○○先生鬼して」と懇願されました。どういうことなんでしょうね。(笑)

その欲求不満解消も踏まえて3日に2回目の豆まきです。鬼の登場も玄関をガタガタ鳴らして見に行った職員が「キャー」と悲鳴を上げ臨場感たっぷりに演出しました。子ども達の「えっ・・・!?」とこわばった表情が見えたところで鬼の登場です。必死に「鬼は外!鬼は外!」今回は一瞬どの職員が鬼役をしているのか わからなかったようで皆、必死に鬼退治をしていました。誰か(鬼らしい鬼)わかると子ども達は容赦なく豆をぶつけていました。前回と雲泥の差です★

誰が鬼かわかっていても追いかけられると怖いようで逃げ惑っていましたが子ども達の協力のおかげで今年も無事、鬼退治ができ元気な一年を過ごせると思います♪(投げた豆は翌日豆つかみゲームに再利用しました。)