カテゴリー: みかん猪名寺

7月の作る描く

みかん猪名寺(放課後等)です。

7月制作の様子です。

7月の壁面作りは「七夕」。

七夕といえば・・「願い事」「たんざく」
「織姫と彦星」「笹」「星」「夜の空」「折り紙で作る飾り」などなど。
毎年、7月の季節の制作に七夕飾りを作るので、
子ども達にはいろんなイメージがわいてるようです。

夜空をイメージしながら、「青」の色を基本にボディペインティングで描きました。

感触が苦手なお友達もいるのですが、毎年、いろんな感触遊びの経験を積んでいます。今年は、手についた絵の具を見ながら なんともいえない表情はされるものの、何とか目標達成。。青に黒や黄色などを混ぜながらの色の変化を楽しむお友達もいました。

織姫と彦星は、昨年の折染のきれいな発色の和紙が残っていたので和紙の貼り絵で仕上げました。
和紙は細かくやぶるのがなかなか難しく、職員も手伝いながら、のりで貼っていきます。のりの使い方や貼り方も制作を通して、それぞれの課題が見えてきます。

今年の短冊は、流れ星風にという、若い保育士さんのアイデアで皆んなが楽しみながら 願い事を書いたり、名前を書いたりしました。

今年も「みかん園田」店から、大きな笹を頂いたので、子ども達と職員で短冊🎋を飾り、壁面と一緒に皆んなで記念撮影しました!
園田店様ありがとうございます!

7月も、季節感あふれる制作を楽しみました。

作成者:

尼崎市の放課後等デイサービスみかん・児童発達支援・生活介護みかんの木・就労就学支援みかん