児童発達支援のおでかけの様子

土曜日の午前中に開所している児童発達支援。

社会性を養う為に積極的におでかけのプログラムを取り入れています。

おでかけをする時の注意事項。

手を繋ぐ、走らない、大きな声で騒がない。大事な約束をして出発です。

6月1日

「尼崎浄水場特別開放イベント2019」に行きました。

普段は入れない浄水場の中、子ども達は「水がたくさん!」と興味津々で見学していました。カードラリーでは尼崎の浄水場に関するカードをもらい、職員の方に「ありがとう」ときちんとお礼を言うことができる子ども達です。

水道水とミネラルウォーターの飲み比べでは、頬に手を当て笑顔で「おいしい~!」と一言。違いが分かったかな?

尼崎北警察署によるパトカー・白バイの展示ではかっこよくポーズをきめて写真撮影。他にもスーパーボールすくいなど子ども達が楽しめる内容が盛り沢山のイベントでした。

6月8日

塚口さんさんタウンで開催された「エコあまフェスタ2019」におでかけを行きました。日頃から環境について活動している団体と市民の皆さんが一緒に楽しみながら環境について考えるイベントです。

ワークショップでは「落ち葉でアート」、どんなものを作ろうかな?落ち葉に目を付けて可愛くしたり、貼り付ける場所も自分達で考えて作りあげていました。子ども達の発想力はおもしろいですね!集中して取り組む姿が見られました。

「チリメンモンスターを探そう!」にも挑戦。職員の方にピンセットの使い方や小魚について教えてもらいながら進めていき、大人とのやりとりも学べる場にもなりました。

自分の行きたい所、皆と一緒に行く所。集団行動が難しい場面もありましたが、気持ちを切り替えて楽しむことができました。今後の課題としてまた取り組んでいきたいと思います。

コメントは受け付けていません。